【パワハラは逃げるが勝ち】今ならまだ間に合う、病んでしまう前の取るべき行動5選

ロケットで出発するビジネスマン
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

会社でひどいいじめを受けている

もう会社には行きたくない

このようにお悩みの方に解説します。

本記事の内容

  • パワハラは逃げるが勝ちの理由
  • パワハラからうまく逃れる方法
  • パワハラの種類

会社でパワハラの被害に苦しむ人は多いです。

  • 大声で罵倒された
  • 残業を強制させられている
  • 上司に無視されている

いい年をした社会人が、常識では考えられないような悪行。
こちらは、ただ普通に仕事をしたいだけなのに、様々な妨害をしかけてきます。


おかげで、仕事にならないどころか、つらく眠れない夜が続きます。
もう会社には行きたくない、という気持ちにもなろうというもの。


そこで今回は、職場でパワハラの被害に苦しむあなたに、実践的な対処の仕方について解説します。

一押しの退職代行ガーディアンの情報はこちらから。

/今すぐパワハラから逃げる\

クリックできる目次

パワハラは逃げるが勝ちの理由

進路を見定めるビジネスマン

結論から言えば、パワハラは逃げるが勝ち
この章では、なぜ逃げるべきなのかについて考えます。

圧倒的に不利な立場

法律を基準ぎりぎり、時には無視してまで、あなたに過重な働きを強制するブラック企業。
そんな会社に対して、あなたは圧倒的に不利な立場に置かれています。


相手は従業員を使いつぶしたり、違法でないかのように見せかけたりはお手の物。
多勢に無勢をいいことに、まともに対応しようとしません。

  • 仕事がまだ半人前だからという理由で残業代を払わない
  • 職場のストレスを、弱い社員にぶつけることで解消させる

ひどい仕打ちに耐えかねて、反撃でもしようものなら、かえって相手に攻撃の口実を与えてしまう結果に。
パワハラの横行する会社では、あなたは圧倒的に不利な立場に立たされます。

簡単に辞められない

パワハラの横行する企業に入ってしまうと、簡単には辞められません
社員を採用し一人前に育てるのには、長い時間とお金が必要。
でも無駄なコストは一切払いたくない、と考えるのがブラック企業の特徴。

そのため、何かと理由をつけ社員の引き止めにかかるのです。

退職の申し出をしても、

  • うちは3ヵ月前までに言うのが決まりだから。
  • 辞めたいなら代わりを見つけてきてよ
  • 営業のノルマ未達成分は差し引いとくから

様々な難癖をつけて経費をけちり、引き止めにかかろうとします。

パワハラ会社を辞めるのは簡単ではありません。

精神が崩壊してしまう

日常的にパワハラを受け続けることで、精神が崩壊してしまう可能性が高まります。


過酷な働きや、無視やいじめなどの冷たい仕打ちをされて、平常心を保てるタフな人は多くはないからです。

  • 明日会社で起きそうなことを考えると心配で眠れない
  • 朝になって起きようとしても、体が言うことをきかない

いったん精神のバランスを崩してしまうと、厄介です。
とても仕事どころではなくなり、休職を余儀なくされる結果になります。


回復のためには、多くのお金と時間を必要とすることに。
パワハラのせいで、心と体のバランスを保てなくなる代償は、大きなものとなります。

一押しの退職代行ガーディアンの情報はこちらから。

/今すぐパワハラから逃げる\

パワハラは逃げるが勝ちの実践例

逃げるが勝ちといっても、バックレましょうという話ではありません。
危険を避けて安全な場所に避難、退避をということ。


被害を受けたのなら、相応に賠償の請求も検討しないといけません。

この章では、パワハラにどうやって対処するかを考えます。

1.休職する

まずは、いったん立ち止まって休みを取る、ということから考えましょう。


会社でひどい目にあわされ、心も体も疲労困憊のはず。
疲れを癒し、気分をリフレッシュさせないと、次の行動には移れないからです。


病院で休職が必要であるという診断書を書いてもらい、会社を休みましょう。
そうして健康保険の傷病手当金を請求するという流れ。

満額とまではいきませんが、給付金をもらいながら休むことが可能となります。


休みながら次の身の振り方について、じっくり考えればいいです。
まずはいったん立ち止まって、今後のことを考えることから始めてみましょう。

2.第三者機関に相談する

職場でパワハラを受けることで、心に深い傷を負います。
悩みを解消させるため、公的機関に相談するのも良い方法。


悩みを打ち明けることで、今後の対応の参考とすることができますし、心のモヤモヤをある程度解消させられるからです。

会社の組合に相談するのもいいですが、最近は弱体化していて会社とべったりのところも多い。
信頼に足りるかどうかは怪しいところです。


国や都道府県などの公的な機関やNPO法人 弁護士の組織 社外の組合など、相談先は多数。

例えば、個別労働紛争解決制度
これは、都道府県の労働局や労基署、駅近の建物などに設置されている総合労働相談コーナーが窓口となります。

ここでは、いじめやいやがらせについての相談、助言・指導、あっせんを無料で受けることが可能
企業への強制力はないので、万能というわけではないのですが、手始めにここからというのはありです。

悩み解決のため第三者機関に相談するという方法があります。

3.転職する

将来に向けて、新たな会社へ転職を考えるのは現実的な正しい方法です。


パワハラの横行する会社で、苦しみながら毎日をすごしたところで将来は見通せないからです。


パワハラを防止し、解消をはかるのは会社の重要な任務。
その務めを怠り、放置してるだけで失格と言えます。


このまま会社に居続けても、うつ病を発症するリスクもあります。
なるべく早く移転できるよう、休職中もしくは在職中に転職活動を開始すべきです。


パワハラの横行するブラック企業からは早めの転職を。

4.退職代行サービスを利用する

もう明日から会社には行きたくない、辞めさせてもらえないという事情があるなら、退職代行サービスの利用を。


思いつめた状態ではもはや仕事どころではないですし、早急に非難が必要だからです。

  • 明日の会社のことを考えると頭が痛い
  • 不安で夜眠れない
  • 退職の申し出をしたのに、スルーされている

会社を辞めるに辞められず、苦しんでいる人達の助けになると評判のサービス。
ご希望なら、損害を与えられた会社を相手に賠償を請求することも可能です。


内容を確認していただき、お役に立てるならぜひ活用してください。
今すぐにでも会社から避難したいのなら、退職代行サービスのご利用を。

一押しの退職代行ガーディアンの情報はこちらから。

/今すぐパワハラから逃げる\

5.証拠を残す

休職でも転職でも、いずれにしても普段からパワハラの証拠を残すことは大切

実際に使うか使わないかは別として、何らかの記録がないと他者への証明は不可能。
訴訟や病院で治療を受ける際にも、必要となるからです。



いじめの証拠を提示できれば、こちらの主張を有利に進めることができます
うまくやればパワハラ上司を追い込むことだって、不可能ではありません。

証拠となるものには、メールや文書のデータ、パソコンやスマホの画面の保存などが有効。
日付や時間 内容などをまとめたメモを残すことが大切です。




音声などの記録を残すことができたらベター。
スマホ等を活用し、常に録音できる体制を整えておきましょう。

第三者に証明する手段として、いじめや無視の記録を残すことはとても重要です。

パワハラの種類

いじめを受けるビジネスマン

一口にパワハラと言ってもいろいろ。
暴言を吐いたり暴力を使ったりするのは、誰にでもわかります。


でも中には、これってパワハラ?と悩ましいものもあります。
会社で不当な待遇を受けてても、気づかなければ手遅れにならないとも限りません。


この章では、パワハラの種類を確認することで、自分には該当するのかを考えます。

パワハラは6種類

何をもってパワハラと呼ぶかは人によって異なるかもしれません。
その点、国は6つに分類しています。

パワハラの6類型

  • 精神的な攻撃
  • 身体的な攻撃
  • 過大な要求
  • 過小な要求
  • 人間関係からの切り離し
  • 個の侵害
厚生労働省
精神的な攻撃必要以上に長い叱責や皆の前での説教など、直接手は下さないものの精神的・肉体的にこたえる攻撃
身体的な攻撃叩いたり蹴ったりと、見た目にも明らかなパワハラ
過大な要求一人でこなすにはとても困難な量の仕事を押し付ける
過小な要求一日中コピー取りだけやれなど、仕事をさせないいやがらせ
人間関係からの切り離し一人だけを全体で無視するなど、孤立させる行為
個の侵害個人のプライバシーに関することを執拗に聞かれる
パワハラの6類型

個人的なことを聞いたり無視したりといった行為は、一見攻撃的とは見えません
なので気づかなかったりしがちですが、充分にパワハラとよべる行為なのです。

一押しの退職代行ガーディアンの情報はこちらから。

/今すぐパワハラから逃げる\


どんなパワハラが多いのか


国は数年おきにハラスメントに関する調査を行っています。


下記はどのパワハラが多いのかを表わしたグラフ。
令和2年度と平成28年度で比較しても、共通してるのは精神的な攻撃・過大な要求が多いこと。

直接的な暴力は少なくて、暴言や説教・残業の強要といったことが多いことが推察されます。

受けたパワハラの内容

受けたパワハラの内容
令和2年度「職場のハラスメントに関する実態調査」を基に作成 単位%

まとめ

どこでもドアでワープするビジネスマン

今回は、パワハラは逃げるが勝ちということを記しました。
パワハラを見て見ぬふりする会社に長くいても、先は望めませんし病気になる可能性も高いです。


将来のことを見据えて、現状から早めに脱出することが肝心です。

  • パワハラは逃げるが勝ちの理由
  • パワハラからうまく逃れる方法
  • パワハラの種類

一押しの退職代行ガーディアンの情報はこちらから。

/今すぐパワハラから逃げる\

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次